エステサロンにいってみる

お母さんの知りあいがエステサロンをしていて、いってみたいなと思っていた。
お母さんの年齢でエステサロンをするなんて、かなり勇気がいることだと思うが、趣味範囲でやり始めたと聞いて、少ない人数しか、一日やらないのかなと感じた。
お母さんは、通い始めたらしく、セルライトをマッサージでなくしていくということで、毎回、痛いが、頑張って耐えればスッキリするよといっていた。
痛いがその分、効いているみたいだ。
私もやりたくなったので、お母さんが行く日についていってみた。
そして、予約を取ると、他の時間はいっぱいだった。
予約した日にいき、施術をしてもらった。
すごく痛かったが、終わるとスッキリしていた。
リンパを流したり、セルライトを揉みほぐしたりするだけでも痛かったが、終わったあとのすっきり感はすごくうれしかった。
定期的に通うことになったので、また来月に予約をした。
それまでに運動をしたり、少しでも、エステを無駄にしないようにしたい。
そう思いながら、毎日、こつこつと努力するようにした。
セルライトがない体にしたいと思った。

歯の矯正をしたら口の中がすっごく快適になりそう!

私今まで歯並びは悪いし噛み合わせも悪いし、それに口臭もあってすごくコンプレックスだったし不快でした。
歯列矯正はとりあえずしないとなって思って、こないだ矯正歯科で有名な歯医者に行ったんです。

そこでいろいろカウンセリングしたけど、歯列矯正って歯並びをよくするだけじゃなくってたくさんのメリットがあるそうなんです。
歯並びが揃うことで歯磨きの際にまんべんなく磨けるから歯が綺麗に保てるし白くなること多いそうです。
それに、ガタガタの歯並びのせいで磨き残しが多く口臭の原因になってたのが改善されることも多いそう!

なんか歯列矯正したらめちゃ口の中が快適になりそうですよね。
今まで歯並びだけの問題かと思ってたけど、矯正したらすべてが改善されそうです。

ちょっと矯正するのは怖いイメージもあったんだけど、矯正歯科の先生の説明はとてもわかりやすかったしすごく安心することができました。
歯並びよくなったら見た目も良くなりますもんね!
今やらないでいつやる!って感じで歯列矯正の決心しました!
費用も思っていたよりは安いので良かったなぁ~

弁護士事務所に借金の相談に

若い時に借りたお金を返しては、また借りを繰り返していた。
欲しいと思ったものを我慢するのが苦手で、どうしてもほしくなると、お金を借りてしまう。
仕事をしているので、お金は返していけるという気持ちが強かった。
しかし、毎日の生活もある。
先のことも考えずにお金を使ってきた結果、借金は膨らむ一方だった。
そして、ついにどうするべきかわからなくなり、弁護士事務所に相談にいくことにした。
相談しているうちに、自分の情けなさを痛感してきた。
過払金もあるかもしれないと言われ、調べてもらうことにした。
お金を払い続けないといけない日々に気持ちも追われていると思った。
お金を借りるときは、今ある借金を払い終わってからにしないといけないのは、わかっているが、きちんと理解していないなと思った。
弁護士事務所にきて、改めて自分と見つめ直さないといけないと感じた。
話も聞いてくれて、アドバイスもくれる。
こんな歳になって、お金の管理ができてないと結婚もできないと思った。
過払金がいくらかあり、それが返ってくるので、それを借金返済にあてることにした。

心理学の

保育士になるために短大に入った。
そのときは、保育のことばかりを勉強するものだと思っていた。
しかし、いざ、授業を選ぶとなると、心理学や筋肉の授業まであり、少しだが勉強することになった。
きっと、保育士にとって心理学というのは、大切なことなのだろう。
相手が子どもであっても大人であっても、人の気持ちを考えて行動するというのは、大切である。
それらを学ぶための心理学であり、心理学を学ぶことで、知らなかったことを知ったりもできた。
昔から難しいことがあまり好きではなかったのだが、心理学だけは、少し興味が湧いた。
授業をきいていても、納得することがたくさんあり、それは勉強になった。
今まで心理学なんてあまり興味もなかったのだが、少しやる気と気力が戻ってきた。
この授業のおかげで、たくさんのことを考えるようになった。
心理学というのは、奥が深いので、探れば探るほど、勉強になるのだ。
保育以外の授業なんて興味ないよ!といったけど、わかりやすくて、聞き入ってしまった。
心理学関係の仕事には、なかなか就けないだろうが、役に立てていきたい。

整骨院デビューもっと早くしておけばよかった!

私は子どもの頃から好奇心がない子だったそうです。
小さい子ってちょっと危ないことでも「やりたい!」ってなるし、無理かも、とかって思わないですよね。
少々怖そうでも、やってみたいって気持ちの方が先に立つって言うのかな。

でも、私は絶対にやりたがらなかったそうです。
上に姉と兄がいるんだけど、公園に行っても二人はワーって目新しい遊具に飛びつくけど私は主に砂場遊び。
面白そうだよ~って親が遊具を促しても「怖いから」「落ちそうだから」「出来ないと思う」って。
めちゃくちゃ子供っぽくないですよね(笑)
大きくなってからも相変わらずチャレンジ精神がありません。
そのせいで損してるなってこと結構ある気がします。

例えば、こないだ初めて整骨院に行ったんです。
肩こり結構マジで酷くて前々から整骨院勧められてたんだけど「痛そう」「効果なさそう」って拒否ってて。
だけど、行ってみたら超気持ちいいし肩が信じられないほど軽くなりました。
整骨院デビューもっと早くしておけばよかったってマジで思いましたね~!
これからはなんでもチャレンジしてみようかな。

歯科衛生士の仕事

歯医者さんの印象を少しでも良くしているのが、歯科衛生士さんです。
歯医者さんにいるきれいな歯科衛生さんに出会うために、歯医者さんに通っている良からぬ方もいるほどです。
ではこの歯科衛生士さんの仕事とは、どのようなものなのでしょうか?
歯科衛生士さんと、歯科助手さんの仕事は異なっています。

基本的にいつも歯科医師のそばで補助をしているのは、歯科助手さんであって、歯科衛生士さんではありません。
もちろん歯科衛生士さんが、医師の補助をすることもありますので、必ずそうだとは言い切れません。
しかし歯科助手さんは、患者さんの口の中に手を入れることが法律で許されていないのとは異なり、歯科衛生士さんは治療はできないものの、患者さんの口の中に手を入れることは許されています。

ですから歯科助手と歯科衛生士さんの間には大きな大きな違いがあります。
そのため、もちろん歯科衛生士さんと歯科助手との給料にも大きな隔たりがあります。
そんな歯科衛生士さんの仕事の中には、スケーリングというものがあります。
これは簡単に言うなら、歯石除去というものです。
虫歯にならないためには、必要なものなので、次に歯医者に行ったら受けてみてください。

「ブルーレイの作成してもらいますよ」

留学して帰ってきたのはつい最近のこと。
アメリカに行って色々と動画を撮ってきて今は編集作業に追われている。
私が撮ったものを配るということで、ブルーレイの作成をお願いしようと思っている。
自分でもこんなことになるなんて思いもしなかった。
だけど取材は本当に頑張ったと思う。
そのためにとにかく英語を勉強したし、一生懸命話をしたんだよね。
だからそれなりにいいものを撮ることができた。
でもさすがにプレス作業までは自分でできないから。
だからできる竹低価格でやってくれるところを探していた。
ブルーレイを作成するにあたってできるだけ経費を抑えたかったから。
自分でもいろいろとどこがいいの検討していて、いいところが見つかった。
そこは制作実績年数がかなりあるし、ほっとしている。
本当にお願いしてよかったと思っている。
私自身色々と迷うこともあった中で、結構制作実績っていうのは大事だと思ったんだ。
だからそこにお願いしようかなって思っている。
今はとにかく充実している。
ホッとしている自分がいるから、私はこれでよかったって思いたいんだ。
自分なりにしっかりと作業しているしね。

たとえ敷戸駅までは遠くても心が近づける歯医者のようです

敷戸駅まで来て、向かう先は徳丸歯科だという人もいるでしょうか。
ソファで待つもよし、子どもであれば机でお絵かきなんかもできそうです。
キッズスペースみたいなのはないようですが、いろんな触れ合いができそうな造りの歯医者です。

まあ敷戸駅から2~3歩歩くだけのような極めて特別でもないのですが、ひとつだけ想像できます。
それは院長への信頼の大きさが特別大きいんだろうなということでしょうか。
だって10年以上も敷戸駅を最寄にした歯医者としてあり続けているというのが事実です。

治療から口腔の手術までもを行うといいますし、矯正にも力を入れてくれているようです。
また敷戸駅の歯医者、徳丸歯科へは患者としても、スタッフとしても行くことに信頼できそうなところもあります。
確かに資格はなければ働けませんが、その資格を優遇しているのではないところに院長の心も表れています。

きっと患者さんに対しても同じだから、変な話、敷戸駅まで30分かかったとしても、行きたくなる歯医者なんでしょう。
そう、敷戸駅は遠くても医師との距離が近い歯医者となれば私だって通っていると思います。
さすがに敷戸駅へ通うと考えれば、九州人にしか行けない歯医者にはなるかもしれないですが。

やっぱり映像制作の現場にいただけあるよね!

友達の結婚式がこの3月に行われて、その時のDVDをこないだ見せてもらいました。
最初はよくある、新郎新婦の入場とか来賓のスピーチとか、出席者の友達なんかを適当に映したりしてるもんだと思ってたんです。
でも、すごく映画観たいな仕上がりでめちゃくちゃ感動的で驚きました!

友達の旦那さん、新郎ですが以前映像制作の会社に勤めていたことがあって、この結婚式の撮影から映像制作までも当時の知人などが担当したそうです。
だからこんなにプロっぽい映像が出来たんだなって納得しました。
私の結婚式の映像なんて撮影を頼んだ友人が超下手で船酔いしそうなブレ具合だし、おまけに段々酔っぱらったのか最後の花束贈呈のとことか撮影してないんです!

だけど、これから子どもの成長に合わせて色んな撮っておきたい場面がありますよね。
そういう映像をキレイに一つのDVDとかに残せたらいいなぁって思います。
その撮影をプロに頼むのは無理かもしれないけど、頑張って綺麗に撮って編集を映像制作の会社に頼むのとか出来るかな?
出来れば綺麗にDVDのパッケージを作ってもらったら実家の両親なんかに送ったら喜ばれますよね!

語学留学って憧れたなぁ!

末っ子が将来語学留学したいって言いだしました。
ちなみにまだ7歳の今度小二なんで、ちょっと驚きましたね。
何語を習いたいの?って聞いたら「英語!」と元気よく答えてくれました。
どこの国に行くの?って聞いたらビックリした顔で「どこにもいかないよ?」って。
留学って意味を理解しないでの発言だったようです(笑)

でも、私も高校生の頃に留学に憧れましたね。
当時、宮本輝さんの「ドナウの旅人」って小説を読んでドイツに憧れたんです。
なのでドイツ行ってみたいなぁって思ったしヨーロッパの方に語学留学したいなって思ってた時期がありました。

でも、ヨーロッパに留学なんて方法が全くわからないし、まぁほんのりと憧れてた程度だったので詳しくは調べませんでした。
今って、留学を斡旋・サポートしてくれる会社があるみたいなんでいいですね。

英語に限らず外国語が話せるのってやっぱり世界が広がるんだろうな。
中高と6年も英語を習ってるのに全く喋れるようにならない日本の英語教育って何だったんだろう?
最近は英語も小学校から始まったりしてるし、きっとエレンと太郎がThis is a pen!じゃないんだろうな(笑)