イタリアで大地震

昨日の未明イタリア中部でM6.2の大地震が起きました

200人以上の方が亡くなっているし、いまだ行方不明の方がいるようです

ヨーロッパとかでは地震はないと思っていただけにちょっと驚きましたね

レンガ造りの家があるところでは昔から地震が無いから作れると思っていたんです

でも考えたら神話かも知れないけれどポンペイがありましたよね

あれは火山かも知れないけれど、そういうものが過去にもあったという事でしょう

アランティス大陸も本当かどうかわからないけれど今の地中海にあったとか言う説もあるようだし

環太平洋だけではないんですね

6.2でこれだけの被害、それだけ地震に対しての警戒もなかったからなのだろうけど

現地では余震も続いているようだし救出作業も難航している感じ

72時間以内になんとか

時間は限られています

最近防犯カメラの映像を解析して事件解決なんてことをよく聞きます

それだけ防犯カメラの設置が普及しているという事なんです

私もマンションに住んでいますがやっぱりカメラは付いてますからね

逆についてないマンションだと何かあった時に分からないし怖いと思うんです

防犯カメラ 価格で調べてみると意外に高くない、カメラ2台と録画機がセットになって4万円もしないんです

玄関と駐車場とかいろんな着け方もできるしこれで死角が消えますよね

戸建てもそうだけど、今の世の中いったい何が起こるかわからない

まずは万全の態勢を取っておいた方が良いでしょうね

名古屋で訪問看護ステーションを利用する場合

最近は、訪問看護の利用希望をしている人がとても増えているそうです。
訪問看護では病気や障がいで自宅で療養したい場合に、医療保険や介護保険で利用できる療養サポート制度のようです。
自宅であれば、病院とはまた違った安定した環境で治療・療養生活が送れるようになるので、精神的にもゆとりある療養ができるととても人気となっているそうです。
さて、訪問看護を利用する場合はどのようにすれば良いのでしょうか?
一般的には医療保険を利用するか、介護保険を利用するかによって、訪問看護利用手続きに違いがあるそうです。
まず、医療保険ではかかりつけ医の指示により訪問看護ステーションへの利用手続きが行われるそうですが、介護保険ではケアマネージャからかかりつけ医、そしてかかりつけ医から訪問看護ステーションという流れで利用手続きがされるそうです。
訪問看護ステーションは自分のエリアから選ぶことが一般的のようですが、名古屋は訪問看護ステーションはたくさんあるので、このエリアでは選択肢は多くあるのが特徴です。
名古屋の訪問看護ステーションを探している方は、ネットにもエリア内の訪問看護情報がチェックできるサイトがたくさんありますので、まずは情報収集からはじめてみるのがおすすめです。