歯科矯正は必要なのか?

皆さんは自分の歯並びに不満を感じたことはないでしょうか?
歯並びが良くないと、なかなか笑顔になれなかったり、食事に支障が出ることもあります。
しかし歯並びが悪いだけで命の危険があるというわけではないので、健康保険が適用されることはないため、治療費用はすべて自費という事になります。

では本当に歯科矯正は必要な治療なのでしょうか?
本当に必要であるなら、健康保険の適用になるのではないでしょうか?
結論から言えば、歯並びがあまりにもひどい場合は、歯科矯正を受けた方が良いという事になります。
さきほど述べたように、歯並びが悪いと食事にも大きな影響を与えることになります。
加えて、歯並びが悪い=かみ合わせが悪いということになり、かみ合わせの悪さは健康にも大きな影響を与えるものです。

ひどい肩こり、偏頭痛などが噛み合わせの悪さに起因しているというケースがないわけではありません。
ですから限度を越して歯並びが良くないという状況が見られるのであれば、やはり歯列矯正を受ける必要があるでしょう。
ですから健康保険適用なのか、そうではないのかきちんと深刻度で判断するような法律を改正してもらえると良いです。